ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

頼りになる大型保障  現役FPがオススメ 各社の定期保険を徹底的に分析します

定期保険を会社別に分析

定期保険を会社別に分析

独身時代にはあまり関係のなかった定期保険ですが、結婚をして家族を持つことで大きな責任感を抱えるようになってきた時に考えたい大型保障です。それに伴って私たちの味方でもある定期保険です。少ない掛け金で万が一の時を大きくカバーしてくれるアイテムとして沢山の方が加入しています。今回はそんな頼りにしている定期保険を各社ごとに分析してみます。

オリックス生命

ここ最近の業績は2桁成長を11年連続でクリアしている会社がこのオリックス生命です。

この勢いの継続は近年の生命保険会社では稀で、要するに今の時代のニーズをしっかり反映した保険商品を販売している会社だと思います。

健全性にしてもソルベンシーマージン比率から格付けまでトップクラスの評価となっており、保険契約数も未だに伸びているところは将来的にも安心して付き合える保険会社です。

ここの定期保険ブリッジの特徴としては保険料の安さが際立っています。

インターネット申込専用の利便性と優位性を背後に若い世代から年配者まで幅広いニーズに対応できる定期保険です。

保障内容も他社と比較しても支障が全くないことから、まずはブリッジを検討に考えることをオススメします。

ライフネット生命

インターネット申込保険のメジャー的な存在とも言えるライフネット生命ですが、簡単で分かりやすい保険として若い層の支持は大きいものがあります。

ここの保険の特徴は誰でも簡単にすぐ保険の見積もりができるところです。

本来であれば審査待ちや対面では2時間ぐらい時間を割いて説明を聞く手間がありましたが、インターネットであれば深夜でも思い立った今でもすぐ調べることができ申込もできます。

ライフネット生命の定期保険は保険料の安さは業界と最安値と同水準に設定をしており、保障内容も他社の定期保険の内容と大きな違いもなく安心できますが保険金額の設定を上手に仕上げているところが注目するポイントになります。

これだけの安い保険料で保険金の支払い額の公開も堂々とできる理由は各年齢層の保険金設定額を若い世代から年配者へ下降スライドにさせているところです。

この仕組みによって会社側も保険金支払いという大きなリスクをカバーさせています。

そういったところでは自分の年齢と保険金額とが一致するかに検討をするポイントになります。

アクサダイレクト生命

インターネット申込保険としては日本初のアクサダイレクト生命ですが、2006年からスタートをして順調にお客様からの高い支持と契約数を獲得している保険会社です。

その理由として複雑化されている保険内容の簡略化にポイントを置いて、お客様に保険提示しているところです。

お客様の人生で必要とされる保険の役割をどのように見せるかで人生も大きく変わります。

人生で積極的に動けばリスクが大きくなりますし、小さく動けば手に入るものも限られてしまいます。

もし、そこのリスクを軽減させることができれば自分を新しいステージへ上げることができます。

そんなお手伝いができるのがアクサダイレクト生命だと思います

保障内容も保険料の安さはさすが先駆けの会社で業界最安値に近い設定に組んでいます。

驚きなのは保険金額の設定額です。

最大で1億円オーバーまで設定できるので経営者や事業主からの契約が多い会社です。

細かい設定金額があるケースならアクサダイレクト生命はオススメします。

SBI生命

金融サービスのパイオニアでもあるSBI生命ですが、大きな金融グループをバックに徹底的なコスト管理で大きな保障を提供しています。

代表的な商品であるクリック定期は15ヶ月連続で死亡保険部門のナンバー1の成績を上げており、契約者からの高い支持を得ている保険商品です。

特徴としたら保険料の安さから契約の申し込みが簡単で、保障やアフターケア、オプションサービスもあり、1つの契約で保障の厚さが凄いです。

他の保険会社と違っている点としたら損害保険も扱っているところだと思います。

こちらも保険料の安さと保障の充実さから多くの契約者がおります。

そうなると生命保険と損害保険でもかなりの契約者数を獲得している保険会社なので信用性はかなり高い会社として判断できます。

チューリッヒ生命

スイスを拠点にグローバルに保険を展開しているチューリッヒ生命ですが、日本というより世界のチューリッヒのイメージが強いです。

そんな大きな保険会社ですから大きな保障も安心して任せきれる点がここの保険会社の強みだと思います。

チューリッヒ生命の定期保険も保険料から保障額、保障内容まで満足度の高い内容になっていますが、大きな特典としたら健康的な方であればチューリッヒの生命保険を効果的に使うことができます

標準体型より健康的な体型、非喫煙優良体形なら通常の保険料より30%近くも保険料が安くなります。

月間では大した金額ではないですが年間、一生だと大きな保険料削減の力となります。

健康に自信がある人はチューリッヒ生命をまずチェックして頂きたいと思います。

まとめ

このように定期保険を生命保険会社から見た分析をしてみましたが、どれもインターネットからの契約が簡易で契約までの煩わしさを解決させています。

そして、保険料の安さはまだまだ契約者、被保険者からの高いニーズにマッチしていると思います。

あとは個々のライフステージや生活している環境によって定期保険の選択が大事となります。

大きな保障額を得る為にはそれなりの保険料を長期的に支払っていくリスクと契約切れになるリスクも抱えることになります。

どうしても掛け捨てになる部分があるので契約中でも大きな保障で満足できる仕組みを提供している保険会社を選ぶことです。

また、保険料が安いからといって保険の掛けすぎにも注意です。

基本である必要保障額をしっかり計算して保険にどれだけ頼むのかを決めておくことが大事です。

保険は大きな武器ですが、定期保険のように期限が限られているものに関したら慎重な判断が必要となりますから、専門家に保険診断をしてから定期保険を検討しても遅くないと思います。