ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

保険料を重視 現役FPがオススメ 最高のコスパ保険商品

保険料はぐっと安くできるんです。

保険料はぐっと安くできるんです。

保険に関しての相談で一番多い内容が保険料の削減です。相談窓口であるFP、保険ショップ、代理店、保険会社などに聞いてみても保険料をいかに抑えるかがポイントで保障内容の変更や組み合わせ方法、無駄な保険の削除などを使って保険料を安くさせています。 それでは実際に保険料を安くさせるために利用されている保険商品などを挙げてご説明していきます。

保険料の仕組み

保険料を1円でも安くしたいという気持ちは誰もが持っています。

何故なら月々の数円は将来の数百円、数千円となっていきます。

無駄な保険料を払わない為に行う保険の見直し作業も同じで、現状の保険に関して削除できる保障や重複している保障、比較して安い保障でいける保険会社への移行によって保険料は劇的に変化を遂げることができます。

純保険料と付加保険料

それでは保険料の仕組みについて改めて確認しておくと、保険料には純保険料と付加保険料があります。

純保険料が将来支払う保険金支払いの為に支払う部分となります。

そして付加保険料は保険事業を営むために必要な経費部分となります。

また付加保険料の中身が新規の契約を取るための費用、保険料を集約するための費用、契約を満期まで維持する管理費で形成されています。

ここだけでも最低理解しておくと保険料への意識は全然違います。

それでは保険料を計算する基礎率があります。

それが純保険料に関わる予定死亡率で死亡保障の保険料計算に使われる比率になります。

過去のデータを基に将来の保険金支払いに利用します。

そして、予定利率があります。

これがとても大事で保険会社のあらかじめ約束される運用利率の事です。

将来の運用益を予め見込み、その分だけ保険料が引かれます。

最後に付加保険料に使われる予定事業比率です。

予め必要コストを提示して諸経費分を計上します。

実際のデータをもとに保険の重視ポイント

ある保険会社の保険検討時に重要視するポイントとして挙げられているのが、契約時の手続きが簡単という意見が返答の約50%あり、同じく商品のわかりやすさや保障内容の充実さがある中で断トツ1位に保険料の安さが90%と1位になっています。

保険は保険料の安さだけではなく人生をトータルに捉えて、鳥の目を持って保険の判断をすることが最もオススメしたい点です。

保険料の安さの理由

保険料が安いのには理由があります。

そこの理由が明確なところであれば問題なく安心して加入できますが、何かの保障が外されていて短期、単発的な保険にすることで保険料が安いのであればそれも問題です。

それがニーズであって、その目的なら問題ないですが、将来的にも保障を継続させて無駄、無理なく、安心して保険と関わっていきたいなら保険料だけで保険の選択をするには危険なところはありますが、実際の顧客ニーズの中では保険料の安さがどうしても契約のネックとなってきます。

そうなりますと保険料が安い保険会社が次第に選ばれて行く背景があります。

現状、保険ランキングなどを見ても保険料が安い会社が上位を占めています。

今、オススメする保険料重視の保険選び

保険料を最優先にする背景はいろいろあります。

各家庭の経済状況は様々で全体的な景気が上向きと言われていますが、現状は収入が増えずに支出が増えている状態です。

そうなると毎月引かれる保険料は大きな支出として考えております。

そこで、とりあえずは保険料を優先的に考えて保険商品を選ぶといった選択もありです。

オリックス生命

保険商品によって保険料の最安値にバラつきはありますが、まずオススメしたいのがオリックス生命です。

通販型の保険会社で契約手続きの簡易さ、出店コストと人件費を抑えた仕組み、そして会社としての大きさから申し分のない保険会社です。

保険商品も主力の医療保険のピュアから終身保険、がん保険、定期保険とどれも保険料を低価格に抑えた商品群は魅力があります。

SBIアクサ生命

次に同じ通販型のSBIアクサ生命です。

こちらも保険料の設定は業界最安値になっております。

魅力的な商品群に保険料の安さと通販型のメリットを最大限に活かした仕組みは日本だけではなく世界の保険ブランドとしても有名です。

また損害保険も扱う会社で自動車保険の保険料の安さも目に留まります。

ライフネット生命

あとはライフネット生命も比較検討に入れておきます。

やはり保険料計算で一躍有名になった会社でもあります。

街中のちょっとした時でも自分がどのような保険に加入ができ、保険料計算がいとも簡単にできることは保険業界で革新的な出来事でもあります。

昔の保険料提示は事前に年齢と性別、保険商品の選択などを伺っておき保険料が掲載されている保険見積書を持ってくるパターンでしたが今、考えるとそれを作ってこられることでそれを基準に保険を詰めていきますから面白くなかったです。

また、保険への加入は流動的な部分もあります。

思い立ったらといったケースが多くて事前に決められて契約するのがなくなっています。

まとめ

このように今回は保険料を重視した保険選択について検証しましたが、やはり人気のあるオリックス、アクサ生命、ライフネットの3つからの保険選びが現段階ではオススメとしています。

そうなると通販型のダイレクト生保からの選択になってきますが、ダイレクト生保の弱点やデメリットもチェックしておくと良いです。

やはりインターネットや電話で簡単に契約できる分、告知義務違反になる可能性も高く、思っていた保障や特約が無かったりして保障を受けたい大事な時に満足いく結果が出ないケースも多々あります。

確かに人件費と事務所経費を大幅に削減させることで保険料への還元がされていますが、保険は保険料だけでは決めかねないという部分はここに理由もあります。

また、多くのFPがオススメしている無駄に保険を頼らない方法もあります。

保険料を払うのが厳しいのであれば、まず自分の家計を見直すところから始めて、次に人生のライフプランの中で保険がどのように必要となってくるかを検討します。

保険はあったら越したことはないのですが、それでは支出は抑えきれないです。

本当に自分にとって必要な保険は何かを真剣に考えてみてください。