ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

身長な判断がポイント

現役FPがオススメする 30代のオススメ保険

現役FPがオススメする 30代のオススメ保険

30代に入ってくると社会人になって約10年間のキャリアで仕事もバリバリと活躍されている方が多いかと思います。また、女性は結婚をされて子供を授かり円満な家族を作って、幸せの時期を過ごされているイメージです。30代は人生の中でも活発的で成長に満ちた年代とも言えますが、その中で生命保険の役割を見てみたいと思います。

慎重に判断することが大切

30代といっても20代と同様に保険の世界では若いうちからに入りますので保険料の安さを活用できる年代です。

しかし、重要なのは安さではなく生命保険に加入する目的です。

何のために入る保険なのかをしっかり決めて契約する必要があります。

特に終身保険などは満期までの期間で30年近い契約となります。

途中で解約は元本割れを引き起こして資産を減少させる恐れがあります。

終身保険の積立運用率に惹かれて貯蓄よりこちらでのつもりが何かしらのライフプランの変更で解約せざる得ない状況に追い込まれない為にも慎重に判断することをオススメします。

終身保険のポイント

では30代の終身保険の加入の考え方についてポイントを挙げてみます。

死亡保障を兼ね備えて万が一でも生存した場合でも対応できるのが終身保険です。

まず既婚者の方に関したら残される遺族への生活費保障です。

別度でも大きな保障は組まれると思いますが終身保険も両方をカバーできることで加入している方が多いかと思います。

ここでの決め手は家族への気持ちになります。

家族への保障を上げれば保険料も上がります

そうなると毎月の出費は多くなり自分達の生活費を圧迫させます。

自分達が我慢できるというよりどれだけの保障を残してあげたいかの気持ちが大切になります。

詳しい金額は必要保障額の計算があります。

確かに定年までの年数をかけると保障額は莫大な金額になってきます。

その全体の絵を出しておいて後は大型保障をどのぐらい、公的保険とのバランス、今後の日本の情勢・状況などを考えて設定します。

いろいろとプレッシャーがかかりそうですが途中で保険の見直しもできますので肩にあまり力を入れずに考えてみます。

独身者の方はこのまま結婚をする気がなければ自分への保障を中心にした終身保険にすることをオススメします。

自分が死亡したときに必要となる葬式代ぐらいを考えて後は貯蓄をいかに増やしていくかを考慮します。

ただ、今の終身保険は昔程の返戻率が高くないためにあまりメリットを生みませんが銀行だけにお金を置いておくよりかはましだと思います。

医療保険

次に医療保険に関しては若いからこそ医療費が安く済みますので早い加入をオススメしています。

確かに入院や手術の可能性はぐっと少なくなりますが次のポイントを抑えての加入が必要条件となります。

まず保険料が一生変わらない終身医療に加入することです。

50歳、60歳となってくると病気のリスクは大きく上がります。

その時に若いままの保険料での支払いなら、かなりのお得感はあります。

もしくは保険料を一時払いでする手も賢いです。

ポイント2として保険の組み合わせです。

ベースとなる部分は入院保障を5,000円ぐらいで抑える医療保険にしておき、病気のリスクが高くなる時期に追加する形で自分がカスタマイズできるようにすることです。

これによって保険料の無駄を大きく減らすことができます。

最後のポイントとして特約に関してですが保険が複雑なのは、この特約のせいだと思います。

特約は各生命保険会社によって表面上は同じでも適用条件がバラバラになっています。

ここを確認しておかないと貰えると思っていた保障金や祝い金、保険料免除などを受け取ることができない状況になります。

特約の説明は1度だけでは勘違いや間違いがありますので定期的に契約された保険会社に確認するのをオススメします。

女性の医療保険

最後に30代の女性に対しての医療保険加入に関してお話します。

女性にとって30代から40代は疾病リスクが大きくなる時期と言えます。

また子供を生んでからの体の中のホルモンバランスの崩れも病気を引き起こす大きな要因ともなっています。

女性の医療保険の大事なポイントは女性疾病特約を上手に使うことです。

入院保障額を10,000円にするより疾病特約を付けることで範囲を広げて、様々な病気に対抗する方が得策です。

またがん保険への加入は真剣に考える必要があります

ここ最近でも芸能人のがん事情をよく聞きます。

特に多いのが乳がんです。

女性のがん発症率は30代がピークを迎えていて、それに対抗する手段や準備が必要だと感じます。

がん保険のポイント

それではがん保険に加入するポイントを挙げておきます。

まずはがん治療の現状を知る事が大事です。

これは患者と関わる保険会社の営業マン、代理店、FPなどから確認することもできます。

実際にがんになったらどんな治療や生活になるのかを確認しておきます。

そして、がん治療自体は常に進歩していることも念頭に置いておきます。

つまり今のがん治療と10年後のがん治療は違ってくる可能性が高いことです。

そうなるとがん終身といった形式は保険料の面ではお得感はありますが将来、価値観としたら少し落ちる感じがします。

自分にとって危険な時期を10年間だけ保険を使うといった感じでも良いかと思います。

再発がポイント

次にがん治療は再発がポイントとなります。

昔と違って不治の病では無く、がんは治る病気に変わってきました。

しかし、条件があって早期発見や長期治療が必要となります。

そこで、早期発見は日々の生活習慣から定期検診などに心掛け、長期治療に関したら完治を目指した保険内容の設定が必要です。

つまり充実した保障内容を組むことがオススメです。

例で言えばがん診断給付金だけではなく、がんへの治療、通院に比重を置いた保障の保険をチョイスすることをオススメします。

通院への比重は必須になります。

現状、がんの入院日数は少なくなってきています。

ここを考えると入院保障を厚くする必要性は少なくなってきますので通院保障と抗がん剤治療への保障を厚くした方が保険を効果的に使えるかと思います。

まとめ

このように30代への保険加入はそれぞれのリスクへの対応、準備が目立ちます。

まだ若いから大丈夫と思わずに保険への意識を高めておく必要があります。

20代でのつけというものが30代に出てきます。

それに対抗した手段を考えておきます。