ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

加入するタイミングはいつが正解?

現役FPがオススメする がん保険の加入

現役FPがオススメする がん保険の加入

がんに対しての保険の加入を考えたことが人は結構おられると思います。しかし、実際は歳もまだ若いし、医療保険に加入しているから、がん家系ではないからと何かと都合良い言いわけをして契約をしていない人も沢山います。 心配はするけど、いざ契約するとなると躊躇してしまう保険がこのがん保険だと思います。何故なら、日本人の死亡原因の1位が未だに悪性新生物となっています。この間も有名な芸能人が乳がんでお亡くなりになっているので、一般市民としたら心配の種になります。 こういったデータや情報はがん保険への加入を促すきっかけにはなるかと思います。 実際に私も体の衰えや不調などを感じると、がんへの心配が絶えないのは事実です。

がん保険は役立つのか?

がん保険の必要性についても検証してみると確かに死亡原因はがんが一番ですが、実際にがん保険に加入していてがんへの治療に役に立つのか考えてみます。

まず、病気への対処は健康保険の3割と高額療養費で大きなカバーができます。

しかし、先進医療を使うことになると保険適応外となって医療費を自分でカバーする必要があります。

しかも、がん治療は他の病気と違って転移や再発などで長期治療を要する可能性が高いとされています。

また、がん治療は精神的にも体力的にも大変で治療だけではなく生活への支障も大きいです。

普段の就業にも差し支えるほどの体調不良に襲われることもありますから収入にも影響が出てきます。

これらの事を考えるとがん保険に加入しておくことで、まずは経済的な安心と治療費への不安を和らげる効果があります。

FPがオススメするがん保険

それではFPがオススメする現在のがん保険を扱っている保険会社をお伝えします。

アクサダイレクト生命のがん終身

まずはアクサダイレクト生命のがん終身を1番にオススメします。

このがん保険は簡単に言えば少ない負担でしっかりと備えることができます。

保障も最低限の入院給付から手術給付、退院給付と先進医療、そして診断給付金もついています。

がんにもいろんながんがありますが、このがん終身ならすべてのがんに一生備えることができます。

保障額の設定も入院給付が5,000円から20,000円まで自由に設定でき、特約である手術給付金と退院後療養給付金がそれぞれ1回につき10万円に設定していますので安心してがんと闘えます。

他の専門家からの意見としても、がんにならなかった特約「がん無事故給付特約」も付けると効果の高いがん保険との声もあります。

チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアム

次にチューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアムがオススメです。

このがん保険は医療技術の向上によってがんへの治療が通院に変わってきているのに対して放射線治療と化学療法を主契約としたがん保険です。

正にがんと闘うために必要ながん保険の内容になっています。

大きなポイントとして放射線治療を受けた月は給付金が受け取れる仕組みになっていて、しかも上皮内新生物も含んでくれるので幅広い対象は有難いです。

また抗がん剤やホルモン剤治療に関しても月ごとに給付金が受け取れます。

ちなみにこちらは支払回数無制限です。

もう一つのポイントが診断給付金で1回目に貰えるのはどこでもありますが、このチューリッヒ生命のがん保険は2回目以降の給付金に関しても2年を経過して、がんの目的で入院されたら再度、支給されます。

こちらも支払回数が無制限になっています。

この保障内容から分かるのが、契約者である被保険者にがんとの治療をしっかりとサポートして病気と闘ってほしいといった願いも入った保険になっています。

他の専門家であるFPもよくオススメするがん保険の一つで、やはり放射線や抗がん剤などの治療が長引く傾向が多いのと特約の種類の豊富さが決め手になるとの事です。

オリックス生命のがん保険ビリーブ

最後にオリックス生命のがん保険ビリーブです。

医療保険でも最も強く人気のあるオリックス生命ですが、がん保険の分野に関しても沢山の支持を得ています。

このオリックスのビリーブは簡単で明快、がんになったらこれだけの保障が手に入ると、そしてその為に少ない保障で大丈夫というところです。

保障内容も基本的な入院、手術、退院、診断、先進医療が付いていますが、がんと診断されてから一生涯にわたって手厚い保障を受けることができます。

アフラックがラインクインしなかった理由

また、意外にもがん保険を看板にしているアフラックはベスト3に入らなかったです。

これには理由があります。

決してアフラックのがん保険の保障内容が悪いわけではないのですが、主契約のがん治療にいろんな特約などが付いてきてしまい保険料が高い設定になっているのが不人気の理由になります。

確かにがんへの治療は万全にしたいものですが治療ポイントや要点が分かりにくいのが弱点だと思います。

がん保険の加入率は37%

これだけ関心の高い保険商品でもある、がん保険ですが加入率を調べてみたところ、
全体として37%という数字になります。

男性の方が40%で女性の35%を上回っている結果になっています。

年代別に分析すると加入率が高くなるのが30代から50代の男性で約半数の比率で加入している数字が出ています

この数字から判断するとがんによる経済的なカバーが一番必要とされる子供の教育費に影響している事が見えてきます。

保険料が高くなってから加入するのか、保険料が安い若いころからの加入で備えるのかは人それぞれのライフプランにもよります。

ポイント的にこの時期で加入している人も多くいると思います。

どうしても掛け捨て商品ですから最もリスクを感じる時期での加入じゃないと勿体なく感じる保険になります。

がん保険に入る時の注意点ですが、あたり前の話ですが、がん意外の病気やケガの保障は一切ないということです。

がんに特化している分、保険会社的には安い保険料でがんへの治療に専念して頂きたいと願っています。

そして、がん保険への加入で一番重要なのが免責期間の確認です。

これを把握しておかないと対象外となってしまって悔しい思いをすることになります。

がん保険は契約日からの保障スタートではなく、契約から90日間の待機期間があります。

この期間にがんになっても保障外となってしまいます。

また、加入している医療保険などもチェックしておきます。

医療保険の特約で加入していて更にこちらで加入していると重複して保険の効果が薄れてしまう可能性もあります。