ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

終身保険の基本を押さえる!

現役FPがオススメする 終身保険を徹底的に分析する

現役FPがオススメする 終身保険を徹底的に分析する

生命保険と言えば、この終身保険が主になるかと思います。それだけに終身保険の大事なポイントは抑えておきたいものです。 終身保険の特徴としては一生涯の保障が続くことで終身と呼ばれています。解約をしなければ必ず保険金が貰える仕組みとなっていて自分が死亡した時に利用するのか保険期間を満了で解約させて老後資金などに利用するケースに分かれます。今回は終身保険について紹介していきます。

保険料の支払い方法

終身保険の保障内容をおさらいしてみると死亡した時と高度障害状態になった時になります。

ただし、高度障害状態は各生命保険の所定する状態に限りますので確認しておく必要があります。

保険料の支払い方法は全部で4つあります。

一時払い、月払い、年払い、全期前納払いなど契約者が自由に支払い方法を選ぶことができます。

同じく払込期間の設定も契約者が自由に設定できます。

保障は一生涯続きますが支払い期間を短期の10年や20年、60歳や65歳満期などでも設定できるので自分のライフプランと合わせやすい保険商品です。

終身保険にも4つのタイプがある

終身保険にも実は4つのタイプがあります。

解約返戻率を抑えることで保険料を安く設定して貯蓄を目的にした低解約返戻金型終身保険です。

この商品のポイントは元本割れが大きいことです。

そこに気をつけることができれば大きな貯蓄性商品となります。

次に契約者が支払う保険料を資産運用させて運用実績に応じて、保険金受取が大きく変わる変額保険があります。

最低保障がない保険なので受け取り額が減少する可能性があります。

3つ目は積立利率変動型です。

これはインフレに対応する為に市場の金利から積立利率を計算しますので世の中の景気に合わせて保険金と解約返戻金が増えていきます。

逆に不景気になると利率は据え置きになります。

4つ目は外貨建て保険です。

名前の通り日本円ではなく外国の通貨で運用される保険でリスクも高いがリターンも大きい保険です。

終身保険のメリット

それでは終身保険のメリットをまとめてみます。

なぜ生命保険の中で終身保険が一番選ばれているか、それは契約者にとってのメリットが多いからです。

まず資金計画が立てやすいところで必ず受け取れる保険金ですから、どんな状況でも資産の一部として計算できるわけです。

人生の途中で万が一の事があっても受け取れるので安心でき自分が死亡したときの葬儀代にも使えるので心強いです。

そして解約返戻金としての貯蓄性も持っているので老後の生活費や孫の教育費などに充てることもできます

また保険料の支払いが一生涯変わらないのも家計を圧迫させないので計画的に資産形成ができるのは大きなメリットになっております。

一部の方になりますが相続税などの税金対策にも終身保険は役に立ちます。

これは生命保険の死亡保険金には非課税枠がありますので、節税にも使えます。

税金面では年末調整や確定申告に生命保険料控除として所得から差し引かれて、所得税と住民税を軽減させる制度がありますから資産を守る上では終身保険は大きな役割も果たします。

終身保険のデメリット

そしてデメリットも知っておくと良いです。

良いところばかりではない終身保険のデメリットは保険料が高いところです。

これは積立部分がある為にどうしても割高となってしまいます。

定期保険は月々2000円~3000円ぐらいが相場ですが終身保険になると8000円~15000円ぐらいになってきます。

しかも保険料が高いくせに大きな保険金を確保する保障内容ではないことです。

万が一の保障はなるべく大きいものが欲しいところですが、終身保険の保障金額は数百万円がほとんどです。

保障金額を上げることはできますがその分、保険料も大きくなってしまいますので別の定期保険や収入保障保険に頼らないといけないです。

必要な保障を終身保険だけではカバーできないことがわかります。

また、中途解約で受け取る解約返戻金が元本割れするリスクや将来もらう保険金の価値が実質的に下がる可能性もあります。

保険の見直しが難しい

終身保険に加入している方で覚えといて欲しいのが保険の見直しがしにくいところです。

大きな改善やライフステージが変わることで保険の見直しは必須と呼ばれておりますが、終身保険に関しては、ある程度の期間が経過しているなら触る必要は少なくなってきます

しかし、経済的な理由で終身保険を検討したい場合は少しお金を捨てることになり得ることもあります。

要するに終身保険は長期間の保険期間を要しますので、それを止めてしまったらリスクが出てくると思ったほうが良いです。

しかし、ある程度の契約年数が経って、解約返戻金の返戻率が100%を超えているならば見直し余地が少し出てくることもあります。

貯蓄が苦手な人には向いている

ここで終身保険に向いている人とは貯蓄性の保険商品ですから貯蓄が苦手な人には、うってつけの商品だと思います。

なにせお金を銀行に預けているとすぐ引きだせてしまいますが保険に変えておくことですぐ引きだせないのがメリットです。

また、毎月支払う保険料もお金を積み立てているのと同じなので貯金ができない人は終身保険を自分の都合で利用することをオススメします。

逆に向いていない人とはどんな人かと言うと、求めている保障が家族の生活を保障する為と考えている人や医療保障を充実させたい人です。

家族の生活保障となると年数にもよりますが数千万になりますから終身保険より定期保険などにシフトした方が賢いと思います。

そうすれば保険料の負担も少なく済み、保障も厚い状態が形成できます。

しかし、生き残った時の生存リスクはかなり高くなりますから、ここのリスクをどのように回避するかがポイントです。

まとめ

このように終身保険は我々の保険ライフにとってベースとなる位置にある保険商品です。

また、長い期間での保険料支払いでメリットを最大限引きだしますから最初の契約時はとても重要です。

保障内容から支払い期間、毎月の保険料などをいい加減に設定すると後々の人生に悪影響を与える可能性があります。

終身保険を組み始めるころは20代が多いと思います。

保険は若い頃に加入した方がお得という部分もありますが、社会に出て右も左も分からない若者に数十年後の人生の資産形成などの話をしても簡単に想像できないです。

訳もわからず何となく必要だから加入した終身保険より、ちゃんと理解して加入する終身保険とでは天と地の差があります。