ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

どうやって保険を見直す?

現役FPがオススメする 保険の見直し 実践編

現役FPがオススメする 保険の見直し 実践編

保険の見直しをしたことが無い方も意外にまだ多いかと思います。保険の相談や見積もりなどは無料でやっているので気になる方は試してみることをぜひオススメしたいと思います。ただ、何も知らないで相談するより自分がどの部分を変えようとしているのか、何がわからないか、どこを相談したいかなどの目的を持って臨んだ方が見直しは良い方向に動いていくと思います。

来店型の保険ショップでの見直し

保険を見直すといったらどこに行くかと思ったら、一番は来店型の保険ショップになるかと思います。

今ではテレビのコマーシャルで有名な保険の窓口と保険見直し本舗などがありますが、他にも保険クリニック、イオン保険サービス、保険ほっとライン、保険百花、みつばちほけん、保険テラスなど沢山あります。

保険ショップでの悩み相談内容として自分にあった保険なのか、がん保険への加入、月々の保険料を安くしたい、保険の無駄を省きたいなど小さな疑問から大きな疑問までを相談できます。

意外にも近くのスーパーのテナントにあったりします。

相談までは来店の予約や日時確定の連絡など煩わしい部分はありますが、しっかりと時間を設けて相談をしてくれるので有難いです。

また注意する点として来店時には今入っている保険証券を持参していく必要があります。

それを基に今の保険の分析と将来、自分の人生にどんな保障が必要かをアドバイスしてもらえます。

しかし、ここでは鵜呑みにしないことが重要です。

保険ショップからの提案は素晴らしいと思っておくものです。

完璧な保険は無いので、どんな保険に対しても穴は必ずあります

そこを着いてくるのは流石だと思います。

訪問型で見直し

次に訪問型で見直しをする場合です。

相談実績数やFPを多く抱えていることで保険の専門家からあらゆる視点で保険を分析してくれます

また、訪問をしてくれる事で妊娠中の方や小さな子供を抱えている方や親の介護などで時間が取れない方、店舗が近くなく、来店が難しい方などへも幅広い窓口で対応してくれます。

仕事の昼休みの合間でも十分に相談してくれます

相談の手順も事前に用意していた既存の保険から拝借していただき、保障内容の確認をしてくれます。

あまり保険に詳しく無い方にとったら自分がこの時点でどのような保険に入っているかを再認識できます。

その後は世間話や今後のライフプランなどを楽しくお話ができます。

これは自分の陣地であるホームで話ができるのが一番の大きなメリットです。

保険側の事務所や店舗で相談となると、こちら側はどうしても受け身になりますので相談する場所はとても重要です。

訪問型の保険相談のもう一つのメリットとして意外に何回でも来てくれる点です。

これは抱えているFPを地域別に担当させているので都合がつき易いのです。

見直しには決断は大事ですが無駄に時間を使う訳でもないですが、自分が納得するぐらい腹に落ちないと大きな見直しはできないです。

また、いろんな方法があると思うぐらいでいた方が良いです。

その時だけではなく今後のライフステージの切り替えの時にも保険の見直しは必須です。

インターネットの比較サイト

今度はインターネットの比較サイトを確認してみます。

こちらの利用は簡単に自分の今の保険と他社での同じ条件での保険を比較させて見直しを計ることができます。

よくネット広告でも1分で他社と保険料を比較できるコーナーもあります。

年齢と性別、カテゴリーを入れるだけで数十社からの保険会社からすぐピックアップしてくれます。

特にネット生保の躍進によって保険料は業界的にも低く抑えるようになったかと思います。

人件費や店舗維持などの付加保険料がいらないネット生保の保険料はどの世代から見ても非常に魅力的な保険に感じます。

口コミも見ることができる

また比較サイトの強みでもある情報公開や口コミは見直しを悩んでいる人には助かります。

例えば終身保険などで他の人は保険料をどのくらい支払っているのか、50歳からの保険加入はあり、保険期間と払込期間の違いといった素朴な質問まで聞けてしまうのは便利です。

医療保険で悩んでいる人にも受け取った保険金や給付金などの税金問題や先進医療の必要性なども教えてくれます。

がん保険なんかは実体験なども盛り込まれていますから信憑性のある口コミで判断がしやすいと思います

このように比較サイトは比較するだけではなく保険全体を理解するためにあります。

この全体を把握することが見直しポイントの一つでもあります。

あまり目先のことに拘らないことが重要です。保険期間は長いものです。

その長い視野を持って保険も人生も見極めていく必要があります

最近ではチャットでの相談も始めています。

保険相談をより近いものにしていこうとの試みです。

意外に聞けないのが保険の基本です。

説明を聞いていても専門用語や将来のことって実感が沸かなくて理解がしにくいものです。

ふと思ったことをメールやチャット方式で相談できれば理解が深まります。

まとめ

このように保険の見直しを実践体験でご案内させて頂きましたが、店舗での無料相談からネットでの保険見直し、チャット相談などニーズに合わせて様々なスタイルで対応してくれます。

昔は保険の間に人が介入して自分にとっての適正な保険は見えなかった時代でしたが、今は情報の解放から自由に保険を選べる環境が整っています。

また、保険の見直しは保険料を減らしたい、保障を減らしたい、保障額を増やしたいだけではなく保険料の払込が困難になった場合でも相談を承っております。

例えば保険料の自動振替貸付などで契約の失効を防ぐことができます。

これは解約返戻金を利用して契約を有効に継続させることができます。

また払済保険への変更にも対応できます。元の保険契約より規模を小さくすることで今まで支払った保険料だけで契約を継続させる仕組みです。

他にも延長保険などの相談にも対応できます。この辺りは慎重な判断が必要なだけに自分だけの判断ではなく第3者から見て冷静に判断する必要があります。

その為に見直しへの相談窓口はあります。

人生にはいろんな事あります。解約するリスクとどう向き合うことも重要な作業です。

そこは恥ずかしい事ではなく、いかに前向きに問題を処理していくことが重要です。