ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

保険料は減らすことができる!

現役FPがオススメする 劇的に保険料を減らす方法とは

現役FPがオススメする 劇的に保険料を減らす方法とは

保険料を劇的に減らすことは簡単なことではないです。しかし、今必要なことの優先順位を付けることで保険より優先することが見えてきます。確かに解約というリスクと保障が無くなることはかなりの痛手になりますが、人生は山あり谷ありです。苦しいときをどう乗り越えることで大きな教訓も得られます。

保険の見直しで保険料を減らすこともできる

保険の見直しは定期的にすることで適正な保険金額を設定できて、効率的に保険料を減らすことができます

節約できた保険料は生活費の一部として使う、将来の貯蓄に回すなど保険の見直しには高い評価があります。

しかし、人の生き方もいろいろある中で経済力も人それぞれバラバラです。

生活費がかなり切迫している状態ですと多少の保険の見直しより大きな改善を施す必要があります。

特に保険料の支払いは毎月ですのでライフラインと呼ばれるガス、水道、電気と同じです。

ここの改善は年間の収支から人生の全体の収支にも影響を及ぼします。

保険の重複チェックから始める

保険料を劇的に減らす方法と言っても、まずは小さなことからコツコツとしていきます。

これは完全に無駄な保険、保障内容を見定めていきますが保険の重複からチェックしていきます。

保険の重複とは例えば学資保険を組まれている方は保険料免除の特約が組んでいるかをチェックします。

この特約は親に万が一のあった場合に保険料免除になる特約ですが親が死亡保険をかけているなら特に必要としない保障です。

医療保険などもチェックする必要があります。

これは特約などに死亡保障などが組み込まれている可能性があるからです。

終身保険や定期保険などを別で組んでいる方であれば衣料保険の特約で付いている死亡保障を外すことをオススメします。

後は共済などの安易にかけている保険にも気をつけます。

意外に過去に保険料が安いからといって生命保険をかけている人も結構います。

毎月1000円ぐらいの共済でも年間で1万円となってきます。

まずは保険の重複関係を徹底的に排除させます。

無駄な保障を削っていく

次に無駄な保障を削っていきます。

どんな保障の削り方と言いますと、定期保険の例で言えば1年目にかけた保険は2年目になると保障額は基本的には減ります。

しかし、定期保険は数年後たっても同じ保障内容です。

月日が経てば経つほど家族や自分への保障は少なくなっていくのが基本ですが定期保険の場合は徐々に無駄な保障が増えていく形になっています。

この場合は収入保障保険の切り替えも視野に入れていきます。

収入保障保険は簡単に言えば必要保障額と保険金額が一致する生命保険です。

定期保険は形が四角型と呼ばれていて契約から満期まで同じ保障額を約束してくれる保険です。

確かに保険期間内は厚い保障内容に守られていますから保障額の高さは魅力があります。

しかし、契約から2年、3年と経過していくと家族への必要保障額も少なくなっても支障はないので右下がりにスライドさせていく事が望ましいです。

これが三角形の形をする収入保障保険の形です。

徐々に保障額をスライドしていくことで保険料を大きく抑えることができます

保険料を抑えるとなると保障額に不安を感じますが、この収入保障保険の仕組みなら納得できます。

この保障内容を検討すると収入保障保険1本で家族を守る考えもできますので他の終身保険や医療保険を解約することも最終手段として考えの一つに挙げられます。

ただし、この収入保障保険も保険料は掛け捨てになります。

そうなると生存した場合には何も残らない状態となりますから、その場合への対処を今後、考えていく必要があります。

保険を止めてみる

最後の対策として保険を止めてみるといった方法があります。

これこそ劇的に保険料を減らす究極なやり方です。

要するに毎月、支払っている保険料を0円にすることになりますが、それでは相談する意味がないように思います。

しかし、大事なことは保険のあり方を再認識できるチャンスになります。

今までは加入してあたり前の生命保険ですが、世の中の全ての人が加入している訳ではないです。

保険に加入したい人とは一人の経済力では補えないリスクを保険でカバーすることに限ります。

そのリスクの大きさもありますし優先順位もあります。目の前にあるリスクより後に来るリスクに恐れていても何も始まらないです。

まずは今、何をしなければならないかを相談することから始まります。

そうなると先ほど説明していた収入保障保険の話でも家族への保障だけを残したいのなら自分の終身保険を一度解約する手段もありです。

万が一の事があっても収入保障保険で賄える設定で組めば纏まります。

医療保険もそうです。

確かに病気のリスクは高くなってきますので医療への保障は残しておきたいものですが、病気への治療に保険ではなく金銭なので貯金が100万円ぐらいあれば病気への対処は完全ではないですが対応できるはずです。

この2点だけでも約、月に1万円ぐらいの改善はできるかと思います。

学資保険やがん保険への対応

その他に考えられるのは学資保険やがん保険への対応です。

学資保険は子供の為の保険ですが先ほど言ったように今ある危機に対して、どこに注視するかがポイントになります。

余裕があった時に契約した学資保険ですが緊急事態であれば多少の解約リスクも全体を考えて判断する必要があります

がん保険も今あるリスクと比べてみることで優先順位を考えて解約することもあり得ます。

日々の生活習慣や定期検診などで不安が無ければ今は必要がないかと思います。

まとめ

このように劇的に保険料を減らすことは保険を解約することが一番になりますが解約へのリスクを考えると判断に戸惑います。

確かに今まで我慢して積み上げてきた保険料を無効にしてしまう無念さや、もしかしたら明日、万が一の事が起こるかもしれないといった不安も確かに隠せないです。

しかし、順を追って誰の為の保障で何に使う保障、どのぐらい必要な保障、残るお金はいくらなどを冷静に分析していくと保険に少し頼りすぎている所はあります。

万が一の事という言葉も保険のパンフレットにはあたり前によく書かれています。

私たちの心を不安にさせておくことで保険を掛けておいた方が良いとさせておく部分もあります。

冷静な判断が自分でできないところは第三者である専門家やFPに相談することで新しい生き方も見つかってきます。