ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

自分の生き方に合わせた保険選びがポイント

ライフスタイル別で見る 保険の見直し事例

ライフスタイル別で見る 保険の見直し事例

保険の歴史も100年以上ある中で人の生き方であるライフスタイルによって大きく変わってきています。 基本的な保険の形はさほど変わりはしないですが、扱う商品は増えて様々な生き方でも活用できる保険商品があるので自分の生き方にあった保険を選べるかが上手な保険選びのポイントとなります。

働き盛りのキャリアウーマン

昔と違って女性の社会進出が経済に活気を与えるように、今後も女性の活躍には目が離せないです。

そうなるとキャリアウーマンは今後も増えていく傾向にあります。

職場では仕事を華麗にこなすキャリアウーマンも、自分への万が一の保障やお金の使い方が上手くできずに貯蓄ができないとの悩みが多いです。

仕事と同様にプランを練ること

解決策としては仕事と同様にプランを練ることです。

今後の自分のライフプランを一度でも良いから考えるとそこから必要なお金や保障が分かってきます。

とりあえずは無難な終身保険だけ加入して貯蓄と万が一の保障に備える形をとります。

そして、女性特有の病気のリスクが上がってくるので医療保険を安い保険料で、なるべく早く払い済みにしておきます。

これで**必要なときにいつでも使える医療保険と将来に保険料の支払いが無くなるので、貯蓄でき万が一の病気にも保険と貯蓄で対処できる環境を作ります。 

共働きの夫婦

昔の夫婦であれば財布は同じが当たり前というところが多かったと思います。

ご主人が稼いできて奥様がそれを管理するのが理想の形だったです。

しかし、最近では女性の社会進出と共に共働きで財布も別々という状況の夫婦が増えている様子です。

財布を別にすることで自己管理や自由に使えるというメリットもありますが、一つの家計として管理するのは難しくなり個々の保険も見直す機会が少なく、家族への保障というより自分だけの保障になりがちになります。

保険を見直すことが必要

一度、それぞれの保険を見直し、世帯主である大きな保障をどちらかするかで片方は保障の増額、片方は減額させれば保険料は大きく見直せます

例えば奥様の保険に定期保険が組まれている可能性もあります。

万が一のケースに、ご主人の保障でカバーできるのなら奥様の定期保険を解約、減額することで保険料を減らすことができます。

主婦の場合

大きな保障は世帯主である夫に組ませることで主婦の死亡保障を減らすことがオススメです。

確かに保障があればあるほど安心できますが保険料の支払いが多ければ家計にも負担が掛かってきます。

終身保険に保険料を使うなら女性特有の病気への保障である、がん保険や医療保険の特約にシフトすることも考えられます。

がんの羅漢率は女性の40,50代と高くなっていますので死亡のリスクよりがんに罹るリスクが高いと判断できます。

シングルライフ

家族への保障が必要ないシングルライフの方でも保険への見直しはオススメです。

保険を使っての貯蓄は将来への老後の蓄えとなります。

銀行の貯金に入れておくだけで使う予定が確実に無いお金については保険を活用して金利と保障を手にすることもできます。

また、気は若いですが体は着実に老化へ向かっていきます。

病気をした時の医療への保障はしっかりしておきたいです。

お金に余裕があるのなら将来的に老後生活の対策として、60歳ぐらいで払い済みができる終身保険と医療保険を検討することがベストです。